あなたのホームページでできるSEO!内部SEO-お小遣い稼ぎで副収入!ネットで稼ぐプチメモ帳-

あなたのホームページでできるSEO!(内部SEO)

ホームページでSEOとは?

★こちらでは、あなたのホームページでできるSEOについて解説していきたいと思います。

あなたのホームページでできるSEOとは、あなたのホームページをカスタマイズすることによってできる部分になりますから、HTMLやCSSの知識が少しあれば出来てしまいます♪

基本的には、検索エンジンで上位に表示させたいキーワードを狙ってホームページを作成するというのが主なSEOになります♪

検索エンジンで上位表示を狙って、インターネットでお小遣い稼ぎ・副収入を得ましょう!

ホームページでできる主なSEO

全体の作り

★外部CSSを使ったレイアウトにする

Webページのレイアウトを外部CSSにすることにより、HTMLがシンプルになります。ロボットはWebページ上部にあるものほど重要視しますので、位表示させたいキーワードを検索エンジンに強調することができます。

ただ、外部CSSはSEOに有効なのかどうかは不明という意見もあります。わたしの場合はSEO目的ではなく、Webページを増やしていく際に外部CSSにしておくと、とてもに簡単に出来ちゃうというメリットが大きいので外部CSSにしています♪その上、SEOにも有効であればラッキーですよね♪

★フレームやflashを多用しない。

フレームレイアウトは、ページがフレームのページと本体のページの2つのページからなるレイアウトとなるため、検索エンジンに2つを1つのページとして読まれず、検索エンジンにわかりにくくなります。また、フレームのページが検索などで表示された際に、本体のページが表示されないので、何に関するページかわからずにサイトから離脱してしまいます。SEOだけではなく、訪問者にも優しくないレイアウトとなってしまうため、SEOを意識しないとしても、避けたほうがいいレイアウト方法です。

また、FLASHで表現されているWebページの内容は検索エンジンに取り込まれないのでSEOには適していません。サイト全体の使い方を理解するのにも時間がかかり、表示に時間がかかったりと、訪問者に優しくないサイトとなってしまうレイアウトになる可能性があるため。SEOを意識しないとしても、避けたほうがいいレイアウト方法です。※最近ではFLASHの内容を検索エンジンに読ませる手法もあります。♪

ページごとの作り

★ディスクリプションはページの内容で強調したい「キーワード」を複数入れる。

ディスクリプション(description)の文字数は、Googleでの検索結果一覧には80文字までしか表示されませんので、80文字以内を推奨します。

★ホームページのタイトルに「キーワード」を入れる。

キーワードを入れることによって強調できます

★ページ数を増やす。

キーワードを入れることによって強調できます

★リンクはなるべくテキストリンクに。

テキストリンクの方が重要度が高い評価をうける傾向があるようです

★ページに「キーワード」をちりばめる。

キーワードを入れすぎるとスパム扱いにされてしまいますので、キーワードの出現頻度は、不自然なくらい過剰になり過ぎないようにしましょう!キーワードの出現頻度は、SEOにはそれほど重要視されていないという意見が多く占めていますが、少なすぎると他のキーワードが重要だと思われてしまうかもしれませんので、チェックしてみましょう♪
キーワード出現頻度解析ツール SEO 検索エンジン最適化

★htmlの始めの方に重要な内容を入れる。

ページの後ろ方にある文章よりも、始めにある文章のほうが重要視されるので、自分が強調したい内容は、始めの方に入れましょう♪

やってはいけないスパム行為

★検索エンジンスパム行為とは、故意に検索エンジンを欺き、検索結果を上位表示させる不当行為のことを言います。SEO(検索エンジン最適化)の技術が正当な方法で使われていれば問題はありません。

もし、スパム行為をしていると判断された場合、以下の厳しいペナルティが課せられます。

  • 検索結果の順位の低下
  • 検索結果からの削除
  • スパムをしているサイトのドメインごと検索エンジンから削除

せっかく作ったサイトを不当行為して順位を上げても嬉しくないですし、スパムの先には厳しいペナルティが待っているので、絶対にしないようにしましょう!

以下に代表的なスパム行為を掲載しますが、この他にもスパム判定をされてしまう行為がありますので、不当行為とみなされないように注意しましょう!

★隠し文字と隠しリンク

訪問者にわからないくらいフォントのサイズを小さくしたり、訪問者に見えないように背景色と文字色を同じ色に設定してキーワードやリンクを並べる。

★クローキング

ユーザーに見せる内容とは異なるページを作成し、そのページを検索エンジンのロボットに見せる。

★無関係の言葉

コンテンツに関係のない言葉を含んだページを作成。

★重複したページを作る

複数ページ、同じ内容のサイトをたくさん存在させる。

★入り口を複数作成(ドアウェイページの作成)

トップページを別のドメインなどで複数作成し、入り口を増やす。

★リダイレクト

リダイレクトとは別のページへ強制的にジャンプさせることです。サイトのURLの変更に使用するのは適切な使い方ですが、いくつもの入り口を1つのページにジャンプさせる行為は、スパム行為とみなされる可能性があります。

11章-2.気になるSEO対策

11章-2-2.被リンクを集めてSEO!(外部SEO)

|      ホーム      |      サイトマップ      |      初めての方へ      |      お問い合わせ   |

Copyright (C) 2011 お小遣い稼ぎで副収入!-ネットで稼ぐプチメモ帳- All Rights Reserved.